ひょんなこと

それは12月のはじめのことでした。
あるペットの里親募集サイトに可愛い柴犬が掲載されていました。
そのワンコは以前にも掲載されていて、その後すぐに里親さんがみつかったらしく
何日かでサイトから消えていました。
それがまた里親を募集していたんです。
「どうしたんだろうね?」なんて、のんきな話をしていました。
まぁ、そこでダメもとだし可愛い柴犬に会えるだけで儲けものという感じで、
お気楽に里親希望をしてみたんです。


f0125990_22354972.jpg



実は以前から、わたしたちははじめから子犬を飼うのではなく
保護犬と暮らそうかと考えていました。
それで県の動物愛護センターとか江戸川河畔の里親会とか
出かけてはいたんです。
でもなかなかこの子ならというワンコも見つからず
そんなに都合よくわたしたちにあう子もなかなかいないもんだと思っていました。


f0125990_22364181.jpg



そんなこんなでとりあえずその子の里親希望の申込はしたものの、
飼い主さんには簡単に里親として感じてもらえるなんてあるわけないと思っていましたし、
1歳1ヶ月の血統書付きのかわいい柴犬なんて、里親希望者は
いっぱいいるはずだからウチに来るなんてそんなことは考えられませんでした。

飼い主さんとメールでやりとりをしながら
その週の半ばに実際にお会いすることになり、
クルマで40分ほどの距離でもあったので、
その日の午前中に出かけてワンコをさわってお話しして、
帰りにおいしいランチでも食べて帰れば楽しいよね。
などと話しながら出かけたんです。


f0125990_2237569.jpg



実際に飼い主さんの家にお伺いしいろいろとお話をしているうちに、
すっかり意気投合して、しまいには「今日このまま連れて帰ります?」…。
びっくりしているうちに、荷物をまとめることになり
クルマに積んで飼い主さんといっしょに我が家へ戻ることになりました。


f0125990_22425842.jpg



今思えば、わたしたちの顔にはきっと
「欲しい」「飼いたい」と描いてあったに違いないと思います。
でも、実際に心の準備がまったくなかったので、本当に驚きました。



いまではすっかり家族になったmayと
これからもずっと楽しく暮らしたいと思っています。
[PR]
by arizo03 | 2014-01-18 22:48 | 柴犬
<< 局地的に… あけまして おめでとう ございます >>